親しい人が退職を決めてしまいショックだったこと

自然と仲良くなれた会社の人から、退職届を出したという報告を受けました。私自身も、いつかは会社を辞めたいという思いがありましたが、そのいつかというのは自分でも分からず、ピンときていない部分もありました。漠然と、いつか辞めたいと思っているだけでした。

だから、いつも一緒に、同じように会社辞めたいと話していた人から、具体的な話をされるのはショックも大きかったです。自分はいつか辞めるにしても、周りの人には残っていて欲しいという勝手な思いもあったからでしょう。

最終出勤日まで、残り1ヶ月もないという事実もまたショックでした。もう少し、一緒に働きたかったです。

でも、これまでは憂鬱そうな表情ばかりを見ていましたが、辞めると決めてからは、晴れやかになったようで、清々しい顔をしていました。もはや、一緒に頑張ればどうにかなるという領域は超えていたのだと思います。

辞めてしまうのは寂しいことですが、元気になってくれたことは救いです。アリシアクリニック スムース